忍者ブログ
太妹への愛により作られてしまった、半ば勢いに乗りすぎた期間限定日和サイト。 もっぱら太子と妹子しかいません。 たまに自重しない時にはご注意を。
[75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65
Posted by - 2017.10.17,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 緋夏(ひなつ) - 2008.10.13,Mon
(1000hit企画ss。遊園地編序章。学園パロディです)

 



目の前に突き出されたのは二枚の紙だった。
そしてその向こうには意気込むように自信を持った太子の笑みがあって、その紙の前には紙パックのオレンジジュースをストローで啜る僕がいた。
ずずず、とした音がやけに騒がしいこの教室内に溶け込むように消えていく。
太子は僕の机に手をついて身体を押し出していたのをやめて、僕の机の前にある自分の席に腰を下ろすとまたその二枚の紙を揺らした。
見せ付けるように、僕にひらひらと。怪訝そうにその紙を見ているうちに、僕はオレンジジュースを吸い終えてしまった。
「…で、何ですかこれ」
結局全部吸うことが出来ないと喋ることが出来ず、その言葉を見せられてから一分、やっと言葉を開く僕に太子は不満そうな顔をした。
「なんだよ妹子。これが何だかわかんないっていうのかよ。この単細胞芋」
「菌類の太子に言われたくないです」
「なっ!?私は人類だコノオー!!大体その台詞私がお前に言ったぞ!」
だからいったんだろう。仕返しだ。それに僕はそれが何かも知っている。単細胞でもないし。
太子が持っているのは、間違いなくチケットだ。だが無駄に太子がひらひらさせているため、中の文字がよく見えない。
「理解して欲しいならひらひらさせるのをやめてくださいよ…」
「だってお前、見せても反応薄いし何処か遠くを見てるのかと思って。ほら、私に見惚れてる場合じゃないだろ」
「誰があんたに見惚れてるっていったよ!?もうぅ、とっとと説明してくださいよ」
その言葉を待っていた、と言いたげに太子はふっと笑うと既にオレンジジュースの紙パックを机に置いていた僕の手を掴んで引っ張った。
広げられた手の平に、その紙が乗る。

「遊園地に行こう、妹子」

「…ええー。何で男が好き好んで男と二人っきりで遊園地になんか行かなきゃならないんですか…。
 そんなんだったら書店で立ち読み一時間をしているほうがましだ…」
「君凄く店員から邪魔扱いされるよ!?というか一時間って足が痛くなるよ!折れるよ骨が!」
「折れませんよ。太子と違って日頃鍛えてるんで」
「この筋肉お化けエエエエエエ!」
なんだよー、普通遊園地より書店だろー。男友達とか普通に行くだろ…あ、でもあれは大人数か…とぐでんと僕の机に太子がひれ伏した。とても邪魔だ。
そんな太子の状況を見て、僕はひとつため息をつくとチケットを見返した。
「…でも、新しく出来た遊園地ですよね、これ。行ってあげないこともないですよ」
「…ほんとに?」
そう言った途端太子が顔を上げた。やけにきらきらとした目だ。目潰ししてやりたい。
「ほんとですよ」と念を押すと太子が嬉しそうに笑った。ひやり。冷たい手が僕の頬に触れる。何でこのひとは低体温なんだ。
優しく触れるその手に頬が熱くなるのを感じながらも(非常に腑が落ちない)、その手を掴んで机に置いた。
「ばか、教室なんですよ此処は」
「妹子のほっぺにゴミがついてたって言えばいいじゃん。それとも顔が真っ赤になる前に離したかった?」
無言で太子の頭にチョップを食らわすと、また変な奇声を上げながら呻く。
…このひとは本当にばかだ。僕が行かないなんて、本当は思ってもいないくせに。
まだ呻いている太子に、僕は小声である言葉を呟く。本当に小さな声でだ。周りの生徒達は振り向きさえしない。
だけれどその言葉はちゃんと太子には聞こえていたようで、呻くのをやめると僕を見てはくすりと笑った。
「うん、そうだね」
ただそれだけを言うとまた俯いて呻いてみせる。…畜生、全部こいつのペースだ。


―――僕が一緒に行かないわけがないでしょう。太子は僕の男友達じゃないんですから。


来週の日曜日、僕と太子は遊園地に行くことになった。


 

PR
Comments
無題
ふ・・・フオォォォォォォォ!!!!(何だ
ちょ・・・妹子・・・お前って奴は!!←
萌え尽きそうです(-i i-)タラリ…
Posted by 舞雪 - URL 2008.10.13,Mon 19:49:59 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カウンター
このサイトは…
このサイトはギャ/グマ/ンガ日/和の遣隋使(太子×妹子)中心の女性向けサイトです。
個人の趣味サイトでありまして、著作権の侵害などの目的は無く、
原作、企業、作家様とは一切関係ございません。
そしてこのサイトには同性愛、変態要素盛りだくさんなので観覧の際はお気をつけください。

※絵や文の無断転載は禁止です。
※オンラインブックマークもやめてください。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
リンク
お世話になっているサーチ様や、出会いをくれたサイト様です!是非皆さんもどうぞ!

プロフィール
HN:
緋夏(ひなつ)
性別:
女性
職業:
受験生\(^o^)/
趣味:
創作活動
てがきぶろぐ
最新コメント
[01/13 逆援助交際]
[08/20 アリス]
[12/01 舞雪]
[11/09 如月水面]
[11/01 舞雪]
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]